FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講師としての適正

「私は講師に向いてないと思うのですが・・・」
訪問先の企業で打ち合わせを行っているときに相談されることがあります。
どういうことかといいますと、
自社で行う研修の講師に抜擢(いわゆる社内講師です)されたそうなのですが、人前でしゃべるのが苦手らしいのです。
多人数を相手に話をするのが苦手で、しかも人前で話をできるほど、成果を上げているわけでも無いらしく、自信を持ってしゃべるなんて到底できないそうです。
う~ん・・・、気持ちは痛いほどわかります。


実は私も昔は人前でしゃべるのは苦手だったのです。
まだ私が店長になって間もない頃の話ですが、
スタッフを集めてのミーティングを始めて店長として実施した時に、ミーティングで自分が何をしゃべっているのか全くわからない酷い状態でした。
声がうわずり、顔が引きつり、ひどい状態でした。2度としゃべりたくないと思いました。
でもスタッフミーティングは定期的にやらないといけませんから、メモ用紙に一言一句しゃべる内容を書いて棒読みをするという、朗読会みたいなことをやっていました。

最初から講師になりたいと思う人は少ないでしょうし、もしなりたいと思っている人でも、初舞台でちゃんとしゃべれることができる人はもっと少ないです。

そんなことを書きながらあえて言わせてもらいますと、
講師を好きになるかどうかは、初舞台の結果次第なんですね。
大半の人は、あがってしまって失敗して、「講師には向いていない」「もう講師はしたくない」って思ってしまいます。

ただ、話を聞いた人から「今日の話は良かったよ」って言われると何ともいえない充実感と達成感を味わえます。
そしてその感覚が、上手く喋れなかったと思う感情を上回った時に人前でしゃべることの快感を覚えるのです。

ところで私の場合、何がきっかけで講師の道を歩みだしたのかといいますと、
全店舗のスタッフが参加する集会(多分200人位の人数)で、15分間話をするように言われたのです。
確か、今後の有望社員を5人選んで、それぞれ自由議題で好きにしゃべるということだったのですが、失敗しないように何日も前から、しゃべる内容を考えて練習しました。
私の順番は最後だったのですが、話が終わったときに当時の社長が拍手をしてくれました。
前の4人には拍手がなかったのですが、私の話が終わったときだけ、場内割れんばかりの拍手です
その後、私の講和内容が全店舗に紙面で配布されました。
これほど、感動したことも満足感や達成感を味わったこともありませんでした。
それからだと思います、私が教育の道に進みだしたのは。

講師に向いているか、向いていないかは自分で決めるのだと思います。

私が経験として言えることは、
仕事ができるから講師に向いているのではなく、
しゃべりが上手いから講師に向いているのでもなく、
人を教えるのが好きだったり、
人からの「良かったよ」が最高の喜びだったり、
『講師の仕事が好き』と言える人が講師に向いている人です。



最後まで読んでいただきありがとうございます。
よかったら、クリックお願いします。

ビジネスブログ100選
あなたのクリックが私のモチベーションにつながります。

 

スポンサーサイト

tag : 講師

comment

Secret

プロフィール

tomomatsu

Author:tomomatsu
高卒でフリーター、たまたまアルバイトで入った飲食店で「負けん気」をだしたら、いつの間にやら会社が急成長。業界最大手の飲食店の役員に成り上がりながら退職し、現在は『教育プロデューサー』として活動中。

近況報告
簡単に書こうと思えば長文になり、簡潔に書こうと思えば小難しくなり・・・つくづく自分の文章力の無さに涙がでてきます。とりあえず週2回の更新を続けていきます。ブログで取り上げたいと思うので質問があればいつでもコメント下さい。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。