スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Q&A「研修後のフォローアップ」③

■質問:pengingさん
私は従業員数300名の建材メーカーで人事をしております。各階層ごとに研修を定期的に実施しているのですが、研修をしたらしっぱなしの状態です。研修内容が浸透する様に人事でできるアフターフォローはどんな事をすればいいでしょうか?

□答え
前回は、個人に焦点を当てたフィードバックについて説明をしました。
今回は、集団に焦点を当てたフィードバックについて説明します。

プレゼン発表
研修が日々の仕事にどのように活かされているのかを研修参加者が発表します。
これを行う事によって、発表者は研修の内容をもう一度復習する事ができます。さらにプレゼンを行うということは、研修の内容をよりよく理解しなければなりません。

研修で重要なのは、研修と日常業務を如何に結びつけることができるかです
大半の人は研修を受けても、職場に戻ると研修を忘れてしまいます。これは研修の内容を業務につなげることができてないことが原因であり、研修を企画する側/講師/受講者/職場の上司、それぞれに問題があります。

研修後にフォローアップで「仕事にどのように活かされているのか」についてプレゼン発表をしなければならないと参加者に研修参加前に通達があったらどうでしょうか?
参加者の研修を受ける態度が変わるはずです。つまり「良い話だった」「参考になる話だった」から「この話が仕事にどのように活かせるのか」という姿勢で研修を受けるようになります。

研修の参加姿勢が変わり、職場で行動し、プレゼン発表のために研修を復習して職場での行動を振り返る。これは学習効果が非常に高くなります。
当然このフォローアップはプレゼン学習にも一役買います

発表のパターンは2種類あります。
一つは、職場のメンバーにプレゼンを行うパターン。これは日常で接する職場のメンバーにプレゼンすることで研修の効果がより業務に活かされるように働きかける効果があります。
もう一つは、研修参加者にプレゼンを行うパターン。これは参加者同士の横の繋がりを強化したり、同役職者同士の競争意識を促進する効果があります。これは次の内容に重複するのでそこで説明します。


研修参加者を全員集めての交流会
研修参加者同士のネットワークを構築することが目的です。特に参加型の体験学習の研修のフォローアップで効果を発揮します
講義型の研修は参加者同士の交流が無いのであまり意味がありません。それよりは定期的に勉強会などを設定してサポートするのが望ましいのです。これによって年齢や部署の垣根を超えたネットワークの形成ができます。
特に部門間のセクショナリズムに悩まさせられたり、組織が停滞しているときに活性化を図る意味でも有効です。ただしこれは即効性がありません。様々な研修がそれぞれ定期的に交流会を重ねていくことで熟成されるものだと考えて下さい。

また同役職者や同世代の中では、ネットワークの構築から派生して、良きライバル関係が生まれたりします。
そういった競争意識を意図的に交流会で芽生えさせるようにすることもできます。
ただしこれはあくまでもネットワークの構築から派生するものであって、本来の目的を忘れてはいけません。研修で競争意識を芽生えさせることに注力すると組織自体がおかしくなります。

交流会の例としては、
自主勉強会、講師を呼んでの勉強会、会社の役員クラスを読んでの勉強会、会社の問題点を改善するプロジェクト的な活動へのシフトなど、回を重ねるごとに変化していくのが効果的です。



ということで今回は、集団に焦点を当てたフィードバックについて説明しました。
次回はフォローアップの最後で、ナレッジマネジメントへの応用について説明します。

 



最後まで読んでいただきありがとうございます。
よかったら、クリックお願いします。
ビジネスブログ100選
あなたのクリックが私のモチベーションにつながります。
スポンサーサイト

tag : 研修 OFFJT

プロフィール

tomomatsu

Author:tomomatsu
高卒でフリーター、たまたまアルバイトで入った飲食店で「負けん気」をだしたら、いつの間にやら会社が急成長。業界最大手の飲食店の役員に成り上がりながら退職し、現在は『教育プロデューサー』として活動中。

近況報告
簡単に書こうと思えば長文になり、簡潔に書こうと思えば小難しくなり・・・つくづく自分の文章力の無さに涙がでてきます。とりあえず週2回の更新を続けていきます。ブログで取り上げたいと思うので質問があればいつでもコメント下さい。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。